骨折のリハビリ・症状・治療など整形外科学の勉強ブログ>Evansの分類

■スポンサードリンク



無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

下肢骨折

大腿骨頚部骨折・大腿骨転子部骨折

好発年齢

老人が転倒し歩行はもちろん
立ち上がることも出来ないときには本骨折を疑う


原因
*多くは内転位で骨折し、
末梢部が上方に転移する(内転骨折)
*外転位で骨折した場合、嵌入骨折になりやすい
(外転骨折)


分類
内側骨折
関節内骨折。骨頚下骨折も含めて
頚部骨折と呼ばれる大部分は骨頭下骨折である

外側骨折
関節包外骨折。
転子下骨折かあるいは転子貫通骨折である。
転子部骨折ともよばれる


Gardenの分類(内側骨折)
骨折の程度と転位によって分類されている。


   Stage1:骨性連絡の残った不完全骨折。
   Stage2:完全に骨折で転位のないもの。
   Stage3:完全骨折で骨頭は回旋転位しているもの。
   Stage4:完全骨折で,骨折部が離開しているもの。

Evansの分類(外側骨折)
Type1 骨折線は小転子付近から外側近位に向かう


   Group1 転位なく内側皮質の破砕もない
   Group2 転位はあるが整復容易
   Group3 転位、内側皮質の破砕あり、
          整復維持困難 内反変形を生じやすい
   Group4 粉砕が高度で内反変形を生じやすい


Type2 骨折線は小転子付近から外側遠位に向かう
 Group1 粉砕は軽度であるが整復困難
 Group2 粉砕高度で整復位の保持が困難

難治性の原因
大腿骨頚部は骨膜を欠く
血管分布の関係から骨頭が壊死に陥りやすい
力学的に骨折面は圧迫力より剪断力が強く作用しやすい
人の骨は骨萎縮も強く一種の病的骨折とも考えられる


症状
嵌入骨折は機能障害は比較的少なく
立つことはもちろん歩行も可能な事がある


治療

頸部内側骨折
転移が軽度ならスクリュー固定
高齢者で、転移が高度なら人工骨頭置換術を行う

頸部外側骨折(転子部骨折)
CHSなどによる強固な内固定を行う
特殊な髄内釘(Ender釘)を行うものもいる
(荷重時期をDrと相談しながらリハを行う)


http://kaibouseikei.livedoor.biz/トップへ

国家試験演習問題ならコチラ
理学療法士・作業療法士の国家試験問題を
WEB上で解けるサイト。

問題数は徐々に増えています!


kokushi

PT・OT国家試験対策WEBで合格!
国家試験のメルマガ配信中!
PT.OT国家試験問題を毎日配信中!

現在、解剖学、生理学を配信
一日の差が勝負を決める!
詳細はリンク先へ↓
メルマガで国試対策
スポンサードリンク
アンケートにご協力ください
整形外科に関する本など
忘れているものないですか?
ブログランキング参加中
タグクラウド
ブログパーツ
  • SEOブログパーツ